ブログ

blog2017年2月21日(火)

アートギャッベ展4日目

ギャッベ展4日目となりました!

本日は染色についてご紹介します☆

草木染めのギャッベは、赤、緑、黄、茶、青色の基本5色の組み合わせで絵柄を描いていきます。

image1

生命力あふれる茜色が印象的なこの一枚は、大きさ262×203サイズの大作です。

細かな手仕事と美しいツヤを是非、手で触れてご体感ください。

image2

カシュガイ族の女性が好む茜色は、アカネという植物の根を1年間天日干してから石臼で粉状にし、

羊毛と同量の粉末染料を大釜で8時間煮込んで羊毛を染めていきます。

image3

この作業1回で染まった羊毛が23番。

天日干ししてから改めて8時間煮込んだ色が24番と、回数を重ねることで深い色を表現してきます。

伝統的な手法を守り継ぐことで、「芸術性の高い手工芸品」として世界的な評価を受けています。